検索
  • 水口ピアノ教室

これから読みます。


第156回直木賞作品「蜜蜂と遠雷」恩田 陸さんの本です。

若者たちが国際ピアノコンクールで熾烈な闘いを繰り広げる受賞作。

作品づくりのため浜松市で3年ごとに開催される浜松国際ピアノコンクールを12年かけて

取材したそうです。

昨日の朝刊で この「蜜蜂と遠雷」の本のことを知り、読みたい!!と思った私は、

即、ネットで注文しました。

ネットでは、売り切れの可能性もあると書いてありました・・・

・・・・が夜に仕事から帰ってきた夫が 帰りがけに寄った本屋さんで「蜜蜂と遠雷」買ってきました😨

読みたい本は、一人一冊(^_^;)

私の本は、まだまだ届きません(T_T)

#お気に入りのもの

38回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示